toggle
2017-01-17

「30日間チャレンジ」今日でちょうど一週間

Pocket

トップページにずらっとならんだアイキャッチ、自分で見ていてちょっとだけ不気味に感じました。

シンプルなのはいいですが、やはりバリエーションというのは大事かなと。

 

なので今日は少し変えてみましたが、画像の探し方は慣れてないので、まだこのままで行きます。

 

スポンサードリンク

ブログ更新を習慣化するのは、かなりハードルが高い。

 

朝の4時にいきなり書き始めると宣言した癖に、まだ1回も5時前に書き上げたことがありません。

とりあえず一週間書いてみて、現状の気になる問題点を2つ。

 

  1. 書き始めるまでに時間がかかりすぎている
  2. 書き始めてから書き終わるまでに時間がかかりすぎている

 

1つ目は、書こうと思って編集画面を開いてから書き始めるまでに時間がかかることです。

編集画面を開いた瞬間、息を吸うように文章を書き始めるということが全くできません。

一度くらいさっと取り掛かってみたいものです。

 

2つ目は、単純に時間がかかるということです。

1ポモドーロ(25分)で全然記事が進んでいない、これは慣れとか速さをもっと意識するとかいうのが大事なのかな。

ただただ自分の文章を書くスキルが低いことが原因な気がします。

 

2はともかく、1はこのままでは改善するのは難しそうなのでもっと細分化してみましょう。

 

1.書き始めが遅い問題を細分化

ひとつひとつ原因を探してあげていくことにします。

出来てないことは大変多いので、すぐにたくさん見つかるはずですからね。

 

手順や問題を細かく分けて、やりやすくするというのは大抵のことの基本であるらしい。

逆にまとめて大きくしてしまうことをパッキングっていうのかな、その場合のメリットは物事を覚えやすくなること。

 

自分が出来ていない事実を覚えやすくするというのは、悲しくなるだけで問題が解決しませんね。

 

1-1.単純に気が散る

書き始める前にはいつも気が散って、いつの間にか他のことをしてしまいます。

例えば、あの作者が作ったフリーゲームはどうなったんだろうとか、他にはMTGWIKIやTwitterを除いたり。

Youtubeで昔やったRPGの動画を見たりなど多岐に渡ります。

 

流石にLeague of Legendsを始めるほど深刻ではないのが救いですが、これはなんとかしなければいけないでしょう。

 

この解決策は瞑想に似ているのかもしれません、気が散る自分に気づいたら、また文章を書くという行為に集中する。

 

あとは、普段僕はそこまで気が散る人ではない、つまり集中力があるタイプと認識しているので。

 

何か特別そういう誘因がありそうですね、それも探すことにしましょう。

 

1-2.文章の書きだしや書き方が思いつかない

 

これは、気が散る誘因の1つでもありそうです。

そのため他の人の文章を参考にしようと色んなサイトを巡ってしまうんですねw

書いていてすぐに、解決策を思いついてしまいました。

 

ベストセラーの本をたくさん持っているので、それを参考にするべき。

 

少なくとも、いつの間にかネットサーフィンをすることにはならないですし、仮に夢中で読んでしまったとしても内容は有意義、文章としての質は当然最高に近いはず。

 

ああ素晴らしいですね、これからはブログを書くときにそうすることにしましょう!

 

1-3.何を書くかというのが決まっていない

 

書こうとしてから書くことを決めたり考えたりする。

Twitterでもこれは頻繁に感じることがあります、その場合は相手の返信をすぐにしないと、その場合いい返答が思いついていい文章をかけたりします。

 

しかし、ブログの記事を執筆するというのは、それまさに自発的な行動。

 

誰かの問いに返信するというのは、自分自身への質問ができるということに他なりません。

すぐに返信できないような内容の場合は、僕はいつもこう考えています。「なんて返すのがこの場合正解だろうか?」この自分への質問があるので、数分、数時間、もしくは数日後にいい返信ができたと、少なくとも自分で思うことが多いですね。

 

「私は何を伝えたいのか?」

「ブログに書くために掘り下げておくべきテーマがあるか?」

 

そういった自分自身への質問を、普段から意識して作っていく必要がありそうです。

 

何を書くかというのを思いついたときに、そのキーワードメモしておくのも大事かな。

 

行き当たりばったりでは、ダメだということ。

 

2.書き終わるまでが遅い問題を細分化

 

この問題については、まだ僕がブログを更新した経験や時間などが少ないので、なんとも言えないですね。

 

ただ、この1週間はただの一度もスピードを意識することはありませんでした。

とりあえずゆっくりでいいから、更新することが大切かなと考えていました。

 

もちろん書くことが一番大切というか、1年以上放置していたというヤバい状態だったのでそれどころではなかったのでしょう。

 

つまり1週間続けて、スピードを意識する余裕が出てきたと言えなくもないですね。

大きな進歩と言えるでしょう。

 

タイピング速度や、更新のテクニックなど色々ありそうですが、まだ全然そこらへんはイメージできません。

 

とりあえずは、「速さを意識する」これで!

 

まとめ

 

気が散る自分に気づけるようにする

文章や表現などは、記事作成中は手持ちの本だけを参考にする。

普段から自分への効果的な質問を作っておく

良いテーマやキーワードをメモしておく

 

とりあえず、速く書くということだけを意識。

Pocket

スポンサードリンク



関連記事