toggle
2017-02-09

本日でブログ更新し続けるという30日チャレンジが終了

Pocket

長い間ブログを放置していた自分が、まさか30日もブログの更新を続けられるだなんて。

最終日は(もちろんこれからも更新は続けるつもりですが)もっと書きやすいかと思ったのですが、高揚した気分とは裏腹に、僕の筆は重い。

 

最終日に書く内容というのは前々から決めていましたが、書くのをためらってしまう内容なのかもしれません。

 

数か月前に知り合いの女性が「僕のブログを見つけた」というツイートをしていて死にたくなった

 

正確な日付は覚えていませんが、恐らく去年の10月頃だったと記憶しております。

その人はTwitterのフォロワーが10人くらいしかいないという引きこもりアカウントだったので、その時のそのツイートに悪意はないでしょう。

しかし彼女は明らかに平均より賢く、情緒が安定しており、一般的な表現を使うならば魅力的という言葉が適切でしょう。

 

子供の頃に、クラスのみんなの前で先生に怒られるのと似ています。

可愛い女の子にはそういう姿を見せたくないという心境。

そのツイートを見たときの僕の気持ちは、それの1万倍くらい酷い感じでしょうか?

 

放置されたブログというのは、つまりどういうことかというと更新し続ける能力がなかったということの証明になります。

他に更新している個人ブログがない限りは、ほぼほぼそれが事実でしょう?

 

さらに恐ろしいのは、別に他の人だったら平気だったかというと、全然そんなことはないというところです。

爆弾を抱えて生きていた状態だった。

 

痛みを避けるために人は行動を起こすというのは本当

 

読書が趣味なので、僕は普段から色々学んでいます。

しかし、そんな人がブログを放置していると「お前は何を学んでいるんだ?」と思われても仕方がないような気がします。

「なんのために、いつも心理学の本のベストセラーを読んでいるの?」と、「理解できてないんじゃないか?」と、そう思われるのは我慢がなりませんでした。

 

その日から、なんとかブログを更新してやろうと思っていましたが、本当にできませんでした。

物事をぐずぐずと先延ばしにしているとかそういうレベルではなく、やろうとしてもやれない、行き詰まりという状態そのもの。

 

行動を起こすためにどうしたらいいのか?

ブログを見られたその日から、実際にブログを書くようになった2017-01-11まで、ずっとその方法を探していたり実行していました。

 

30日チャレンジを成功させた今の心境

 

多少の達成感はありますが、とりあえず無事に終わらせることができて、ただただ安堵しています。

達成できた1番原因は、周りの人が達成できて当然と思っていてくれていたことなのかなと。

僕も自分はできるという自信がありましたが、自分に自信を与えてくれる人達が周りにいるというのは、とても幸運なことでしょう。

 

30日チャレンジの最後は綺麗な言葉で締めくくりたかったですが、正直なことを言うと頭の中はどうなっているかというと。

「うおおおおおおお明日から毎日ブログ更新しなくってもいいんだ!!!!!」っていう最大限ポジティブな言い方をすると、解放感ですかね。

 

北川選手、かなり張りつめていたようです。

Pocket

スポンサードリンク



関連記事