toggle
2017-01-11

【30日間チャレンジ】ブログを更新する。

Pocket

去年の僕はというと、一年間ずっとこのブログをほったらかしていました。

プライベートの時間ずっと遊んでいたのではなく、むしろ人生で2番目に有意義な1年だったと、胸を張って言える自信があります。

 

僕が去年のあいだに身に着けた習慣は、「運動>水を飲む>早寝早起き>日記>冷水シャワー」と言った具合です。

昔からずっと親に起こされていた僕が、今では親を起こす立場になっているのです。

 

ただ、そんな有意義と言える習慣を積み重ねていても、放置しているブログを書き始めるというのは非常に抵抗がありました。

単純に、やるからには上手にやらなくては、という気持ちが強すぎるのでしょう。

これ以上放置すると精神衛生上悪いので、もう勇敢になってもいい頃です。

 

「30日間チャレンジ」というのは、TEDで見たマット・カッツの講演が最初ですが、モーガン・スパーロックの30デイズっていう元ネタみたいですね。

30デイズでは非常に過酷な挑戦(試練?)をしていますが、ニュアンスとしては30日間で新しい習慣を身に付けたり、悪習を絶つと言った感じでしょうか?

 

スポンサードリンク

1つのことに集中

 

去年1年で知ったことは、習慣って一気に身に付かないということ。

あれもこれもって欲張った場合は、全て失敗しました!!

多分物凄いやる気がある人ならば、一気に色んなことができるのでしょうが、僕はそのタイプではなかったという話です。

 

自分の場合、1個づつ習慣を身に付けていくのが成功確率が最も高くなるので、この30日間で新しいことには挑戦せずにブログに集中します。

 

自分が満足できる基準を決める

 

まさか3行だけ書いて、「今日もブログを書き上げたぞ!!」っていう訳にはいかないでしょう?

もちろんそれでも放置するよりは大分マシで、3行が4行になっていくというのも考えられます、というか物事それが普通でしょう?

 

文字数は気にしないほうがいいような気がするので、3行じゃなければいいということにします。

ただ厚い文章を書けばいいという考えになってしまったら、色々と大変ですからね。

 

画像とか図を入れるということに関しては、とりあえずサムネイルだけ入ってればOKということで。

 

次に文章や記事の出来に関しては一切気にしないことにします。

プレイヤーは最初、やり始めたゲームやスポーツの初期の段階では続けるかどうか迷っている状態であると。

そのためには最初は楽しいかどうかが最優先で、上達のことはあまり考えないほうがいいという話です。

 

特に文章を書くという行為は非常に奥が深いはずですし、胸を張って文章が上手だと自分を評価できるようには中々ならないでしょうからね。

もちろん、あなたが僕を少しでも知っているのであれば、やるからには何事も熟練したいという性格であるというのはご存知でしょう。

ですがブログ更新に関しては、それがマイナスに働いていると思うのです。

というわけで素直にやり方を、この場合は考え方を変えることにします。

 

書いていて思いましたが、やはりハードルを下げるのは大事なのかもしれません。

 

実行時間を決める

 

習慣と言うからには時間を決めておくことが大事です。

いつブログを書くか?それを決めておかなくっては。

 

プロブロガーのように1日5記事くらい更新できたら、素敵で楽しいでしょうが、今までの経験から言って僕にいきなりそんなことが出来るわけがありません。

というかそんなことが出来たらまずこんな内容の記事は書いていないはずですし。

なので、現実的に考えて最初は1日1記事となるでしょう。

 

1記事書けばいいだけなので、開始時間を1度決めるだけということになります。

その点に関しては既に最適な答えを、書きながら思いついてしまいました。

 

起きてすぐやることにします。

人間の意志力は目覚めた直後がもっと強く、さらに僕は朝の目覚めがとてもいいです。

 

今の僕にとってブログ更新というのは先延ばししてきた最も厄介な問題です。

というわけで、迎え討つにはこの時間がベストということになりますね。

 

たまに1時30分に起きてしまうときがあるのですが、大体4時に起きます。

実行時間は朝起きてPCを付けたら。

締め切りは朝の5時30分にしたいところですが、慣れないうちは難しそうなので寝るまでの間にしましょう。

心の締め切りは5時30分で。

 

失敗を計画する

 

「認知についての認知力」メタ認知っていうヤツですね。

毎日朝起きて、水を用意したあと、PCの前でブログを書き始める。

 

物事そんな順調にいくはずがありません!!

今の僕には早寝早起きはできて当然ですが、毎朝ブログを書けるかどうかというのはかなり怪しいです。

 

というわけで明日の僕について考えていくことにします。

 

まず考え付くのは、「今日はいい文章が書けないな、なんというかネタがないんだ。だからまたあとで書くことにするよ、そうすればもっといい文章が書ける」これは言いそうですねw

 

それに対する今の僕の回答は、「まずブログの記事なんて誰も見ないし、さらに言えばクオリティなんてそこまで気にしてないと思うし、何よりもとりあえずブログを書き上げたあとに明日そのいい文章を書けばいいのでは?今日とりあえず記事を書いて、明日調べてから書いたほうが、ずっといい文章が書けるよね?」うなづかざる得ない。

 

あとはそうですね、「やり抜く意志力というのが大切なので、文章が酷くっても書き上げるのが大事」とかですか。

 

ちなみに朝書き上げられない場合は、夜寝ずに書くことにしましょう。

1記事書くまで寝ない。

 

まとめ

  1. ブログにだけ集中
  2. 行動のハードルを下げる
  3. 時間を決める
  4. 締め切りを決める
  5. 失敗を計画する

とてもありふれた表現ですが、とりあえず今日はこのくらいにしておきましょう。

Pocket

スポンサードリンク



関連記事