toggle
2015-09-02

よく使われるAP Mid Championのベストルーン構成をまとめてみた

Pocket

一年ぶりにLOLに復帰したのだが、自分はMidの細かい質感というかクオリアというか、そういったものが全然わからないことに気づいてしまった。

TopやJungler、ADCやSupport。他の四つのロールは全て得意である。

調べてみた限りマスタリーというのは大体どのキャラもほとんど一緒で、Twisted Fateが少し足を速くするくらいであるようだ。

このゲームには統計が乗っているサイトがたくさんあり、どのルーンの勝率が高いかというのがはっきりとわかるのである。というわけで最近ずっといろんなキャラのルーンを調べていたので、自分の理解力を深めるためにも書き記していこう。

スポンサードリンク

それぞれの色のルーンの特徴

Midのチャンピオンが入れるルーンはあまり種類が豊富ではなく、大体どれも2~3種類にとどまっているので、まず最初に紹介していきたい

紫ルーンにはAPFlatかMSのどちらかである(足が速いほど対面の方向指定をかわしやすい)、例外的に対面がADのときにはARFlat、自キャラのAPRatioが低すぎるキャラはMagic Penetrationを紫にも入れていくというくらいだ。

赤ルーンは2種類でMagic PenetrationかHybrid Penetrationの2択、序盤で有利をつけたいのであれば後者、後半の集団戦でダメージを出したいのであれば前者になる。

黄色ルーンも同様に2種類、Scaling Healthがどのキャラも大体安定しており、FlatARはLv6前までに有利をつけたい、もしくは対面がADチャンピオンの場合に有効となる。

青ルーンは3種類、勝率は全体でいうとCDPerLV>APPerLV>MRFlatの順番となっている。イニシエーターならばCDよりもAPが、レーン戦のみを重視するならば当然MRが有効。

以上を踏まえて統計的に見たそれぞれのキャラのベストルーン構成を紹介していく。

各チャンピオンのベストルーン

Ahri 赤ハイブリ 黄色HPPerLV 青CDPerLV 紫APFlat

Azir 赤AS 黄色HPPerLV 青CDPerLV 紫APFlat

Viktor 赤マジペネ 黄色HPPerLV 青CDPerLV 紫APFlat

Twisted Fate 赤ハイブリ 黄色HPPerLV 青CDPerLVかAPPerLV好きなほう 紫APFlat

Orianna 赤マジペネ 黄色HPPerLV 青CDPerLV 紫マジペネ

Diana 赤マジペネ 黄色HPPerLV 青APPerLV 紫APFlat

Leblanc 赤ハイブリ 黄色HPPerLV 青MRPerLV 紫APFlat

以上使用率が6%以上あるポピュラーなチャンピオンをまとめてみた、Azirの赤とOriannaの紫ルーン、それとLeBlancの青ルーン以外は大体どのキャラも似たり寄ったりである。

スポンサードリンク

まとめ

赤ハイブリルーンはAAをする機会が多い、もしくはLv6になる前にCCを持っているキャラが付けるとはっきりと勝率が高いことがわかった。単純にAAの射程が長いキャラならば、ハイブリのほうがLv6前にはダメージが出るうえに、Junglerを含めた2対2でのもつれあいで圧倒的に有利である。

AzirはASを積んでいるので除外するとして、今回例外だったのはViktorだけである。おそらくQのあとのAAが魔法ダメージだからだろう。

 

黄色は勝率的にはっきりとARFlatが劣っているので、対面がAPキャラの場合はなるべくHPPerLVで行くべきである。つまり赤ハイブリルーンはこの理由のために、やはり優れている。

 

青の使い分けはとっても簡単で、Zhonya(砂時計)がコアアイテムであるキャラがAPPerLV、それ以外は細かいことを考えずにCDPerLV。

MRFlatは明らかに勝率が低くいので、これを入れる正当な理由は敵が全員APキャラ、もしくは自キャラが対面よりも後半圧倒的に強いというどちらか二つ。

 

紫は基本はAPFlat、対面が方向指定のときにMS、ADのときにARFlatが明らかに勝率がよい。

ルーンは20ページまでしか組めないのでMidメインとかじゃない限りしっかり組んでいくのは難しそうだ。

Pocket

スポンサードリンク



関連記事