toggle
2017-06-25

ブログ運営で覚えていることと、覚えたいこと。記事投稿編

kizitoukou知識というのは覚えてから実際に使えるようになるまで、3ヶ月~半年あるいはそれ以上かかるそうです。

 

確かにブログというのを初めてから、その日に見た新しい知識をすぐに使えるようになる、なんてことはありませんでした。

 

もっと具体的に言うと、ブログのデザイン記事の投稿の仕方というのは1つづつ変えていったり使えるようになっていくという具合です。

 

最近は初期に比べると随分色々覚えてきたので、今まで覚えたことと覚えたいことを書いていくことにしましょう。

覚えたことは物凄くたくさんあるので、記事投稿に絞って書いていきます。

 

スポンサードリンク

今まで覚えたこと1「見出し」

 

上のようなものを、見出しと言います。

h2タグっていうんですが、この見出しを使う順番ですね

h2>h3>h4と書いてまた違う章になったらh2みたいな?

 

なのでh2>h2>h3でも良くって、h3>h2はダメという感じです。

大見出し>小見出しというイメージで、これは本と似ているので馴染みのある僕は覚えやすかったです。

 

数字が大きくなるほど、見出しは小さくなるんです。

ここであなたは何故h2からなのかっていうことを疑問に思ったでしょう?

その理由は単純で、h1は既にタイトルで使われているからです。

そしてさらにh1は1ページに1つというのが決まりらしい。

 

らしいというのは実際に誰も使ってないし、今の僕には検索結果への影響どうこうって試せる実力はないという理由があるんですが、それにしても編集画面で何故か見出し1みたいに堂々と出てくるのは不思議です。

 

midasi

こういう感じで、使えと言わんばかりに出てきますw

 

今まで覚えたこと2「ストロングタグ」

 

強調したい部分に使われるタグのことです。

使うと基本的に太字になりますが、色々弄ると蛍光ペンみたいなマーカーを付けられるようにもなります。

とりあえず今の設定だと、ストロングタグはこうなってますね。

 

SEOという検索エンジン最適化みたいな、上位表示させる時に強調したいキーワードをストロングタグで囲うというつかい方ですね。

1記事に3~5個くらいを使うのが目安と、アフィリエイターの人が言っていました。(ブロガーではない)

 

以前は全然入れてなかったんですが、最近は記事を書き終えたあとに、3~5個入れるようになってきています。

 

他に似たような手法としては、文字を赤くさせたりとかもテクニックとして使われるようですが、僕はまだ身についていません。

マインドマップでいうとモノクロームの語源は退屈であるらしいので、色を付けることにより長い記事での離脱率を下げる効果はありそうですね。

試しに赤くしてみましょう。

 

これはストロングタグを使っていないので、特に検索には直接関係ないらしいです。

離脱率が低ければページの評価も上がり、結果的に上位表示されやすくなるという仕組みでしょうね。

 

今まで覚えたこと3「パーマリンク設定」

 

パーマリンク設定というのは

postname

これのことです。

記事を投稿した時のURLのこと。

custom

 

うろ覚えなのですが、このように設定して記事を投稿する時に手動でURLを書き換える。

すると、カテゴリーとかを移動させたときもURLが変わらないので、SEO的に有利というわけです。

上位表示している記事のURLが変わったら大変なのでね。

 

で、この時に日本語URLにすると、Twitterなどに貼った時にURLが非常に長くなるので半角英数がいいらしい。

ここをイチイチ変える習慣は、しっかり身に付いています。

 

今まで覚えたこと4「画像の挿入」

 

画像を挿入すると、わかりやすいしSEOも有利。

そして理由はそれだけではなく、単純に記事を書いている人が賢く見られるようです。

 

何故そう思われるのかというと、よくSNSで難しい漢字を使いたがる人、全くひらがなで書こうとしない人っているじゃないですか?

わざと難解に書くという行為は逆に頭が悪く見えるそうです。

 

やたら場に相応しくない難しい言葉を使いたがる人は、そういった知性にコンプレックスがある人なので、本能的に人間それを見抜いてしまうのでしょう。

なので画像を入れるという行為は複雑な事柄をシンプルにする行為、すなわち今言ったことの逆なので賢く見える。

 

というわけで最近は結構画像というものを意識してなるべく入れるようになりました。

 

パソコンでスクリーンショットを取る時に使っているアプリケーションは、窓フォトというシンプルなフリーソフトを使っています。

図はいつも使っているiMindMapで作っていることが多いですが、これってマインドマップとかブレインストーミングをするソフトであり、それ以外の図を作れるようにできていないので、別なアプリケーションで図解を作れるようにするべきではあるんですけどね。

 

ですが逆にマインドマップ&ブレインストーミングならば、世の中でこれに勝るソフトはほとんどないでしょう。

毎日Twitterでブレストブレスト言っている友人達も間違いなく絶賛。

 

これから覚えたいこと1「綺麗な図解を作れるようになりたい」

 

綺麗って言っても僕は絵が書けないので、アーティスティックな感じの綺麗さではないです。

分かりやすい図解ですね。

 

少し前にU字曲線の図を作りたかったのですが、ちょっと難しくって出来ませんでした。

マインドマップ同様、本格的に絵が上手い人は手で書いたほうが良さそうってのありますけどねw(マインドマップは本家ソフトよりも実際に手で書いたほうがいい)

 

フレームワークっていうのはかなり得意なので、あとは図を作成するアプリケーションの使い方を学ぶだけ。

フリーのソフトや解説サイトもたくさんあるし、そこまで難しくなさそうなので少しづつ覚えていきたいですね。

ちなみに、フリーのマインドマップソフトならばXMindが最高ですよ!!!!

 

これから覚えたいこと2「AMPとhttps」

 

これはちょっと投稿とは違うというか、どちらかというとデザイン的な比重が大きいかもしれませんね。

 

AMPというのはAccelerated Mobile Pagesの略で、モバイルで超早く表示するみたいな機能のこと。

数年前までは「なんだそれ?どうでもいいや」って感じだったのですが、僕もグーグルの最適化案みたいなものでAMP対応しろとか現在進行系で言われています。

 

正直プラグインを入れるだけなんですが、ちょっと新しいことをするのは抵抗あるタイプなので、戸惑っていますね。

やらないといけないんだけど、先延ばしにしてしまっているみたいな?

 

httpsというのはセキュリティによって保護されたサイトのURLがhttpsなんですよね。

これも数年前までは、普通のサイトならばどうでもいいみたいに言われていたんですが、最近したほうが上位表示されやすいみたいなことを言われています。

普通のサイトでお金払ってまでhttpsにする人はいないので、全然普及してなかったんですが、Let’s Encryptっていう無料で全世界のサイトをhttpsにするみたいな団体?があって、今は無料でできる流れ。

 

この2つって僕がWordPressでブログを始めよう!!っていうときにはなかったんですよね。

世の中どんどん複雑になっていくという典型かな。

 

今ちょっとブログを始めたいっていう人は、WordPressはガチガチなので、無料ブログに課金してプロタイプにするっていうのがいいかもしれません。

 

 

 

これから覚えたいこと3「カテゴリーとタグ」

 

カテゴリーは一応ある程度はできていて、例えばこの記事だとブログ関連のカテゴリーになります。

ただ結構な雑記ブログなので、カテゴリーだけで記事の種類を決めるというのが難しいのかなと最近考えるようになりました。

 

カテゴリーだけで分類できるならば、タグいらなかったりするんですが、知り合いに見せたりすると、それだけだと興味がある記事にたどり着きにくいと言われたので、タグも考えていきたい。

アクセス解析を見ると、ブログ内検索って本当に誰も使ってないんですよ。

この理由の1つにタグがないからでしょうね。

 

何もないところから言葉が思いつく人って少ないし、何千記事もあるわけではないんで、今のうちからタグを作成したほうがいいのかな。

今だと130記事くらいにタグをつけ直すことになりますが、その作業も楽しめそうな数と言えるのかな。

 

スポンサードリンク

終わりに

 

思ったよりも随分長い記事になってしまいました。

ただ楽しんで書いていたのか、時間は1時間半かかってないですね。

特別に早いってわけでもなく、早い人に比べたら遅いですが、3500文字くらいの記事を1時間半で書いたのは自己ベスト。

 

思えば僕はゲームと同じくらいフレームワークというのも得意なんで、これからは少しそういった記事を書いていきたいですね。

図を作れないから、全然書いていなかったという原因がハッキリわかってよかった!!

スポンサードリンク



関連記事