toggle
2014-04-15

先日ついにDiamondになりました。 League of Legends

Pocket

20140415143636LOL

ドラン盾がNerfされる前はTOPでShyvanaとNasus、そのあとはTopかJungleでWukong、4.5PatchからはJunglerを主に使ってダイヤになりました。

あんまりダイヤ5って自慢できることではないので、これからはペースを少し落としつつもRankedは続けて行きたいと思います。

まずは自キャラの勝率を見てこれからの課題を分析して行くことにしていきましょう。

スポンサードリンク

Rankedで活躍した自キャラの勝率

トップレーン

1位 Teemo Vladmir 66.7%

3位 Shyvana 63.7%

4位 Tryndamere 60%

5位 Nasus 58.7%

gg Jax 26.3%

なぜかあまり得意ではないTeemoとVladmirの勝率が高いですねー、先だしで出したことはないのでこの勝率もまあ納得かなーというところです。ちなみに私はTopTeemoの場合はADTeemoです。

ShyvanaとNasusは先ほど言ったようにドラン盾全盛の時代によく使っていましたね、まだ自分のRankもゴールドプラチナくらいだったのでレーンはキャラの強さも相まって毎回圧勝ではありました。

3位のTrynはドラン盾Nerf後にAA主体キャラだったので、このキャラをメインTopに切り替えた感じです。4.5パッチではHealの性能が凄まじくHeal+Igniteという組み合わせで相手が誰もまず負けない強キャラになりましたね。

This Jax!!このJaxというキャラの勝率はなんなんでしょうか、結構強いキャラであることは間違いないのですがどうやら自分は壊滅的にJaxが下手糞なようです。これは味方が弱くて運悪くこの勝率っていうレベルではありません。明らかにこのJaxが弱くて負けているのは間違いないでしょう。要練習ですね!!

ミッドレーン

1位 Viktor Sion Heimerdinger 66.7%

4位 Kayle 52.9%

5位 Brand 33.3%

Viktorは私のメインMidだったので、先だしで出すことになったら基本的にこいつをPickしていました。流石にKayleが55%前後という驚異的な勝率を誇るので(LOLKING)後半はKayleを使っていたんですけどねー。でも改めて見ると愛着のあったこのキャラが活躍していて嬉しいです。

今は黄色FlatARが弱いので、もしかしたらViktorワンチャンあるかな!?

Sionは向こうがLeBlancのときだけ後だしで出していました、紫と青にMRFlatを入れていくと本当に向こうは何もできないくらいの相性の良さ。ジャングラーが来ても全然気にならないほど圧勝できる組み合わせみたいです。

Heimerdingeは、4.4パッチの強い時期だけ使っていました。LOLはあんまりキャラごとの練習とかは必要ない場合が多いですから強い時期だけ使うというのも大事です。

4位のKayleはそこまで使い込んでいたキャラではないのですが、最強のMidということで後半のメインMidでした。後半はようやく慣れてきて、最近は赤にADFlat、紫にAPFlatという感じのルーンを使っていますね。Baronバフの恩恵の受け方やPushや集団戦の強さ、Poke合戦のときのHP回復などどれを取っても最強というのは納得の強さでした。唯一の欠点は自分自身でPokeできないところだけでしょう。

5位のBrandはなんなんでしょうかこれは、結構強めのキャラのはずなんですが・・・もしかしたら難しいキャラなのかもしれません、Viktorみたいに50回以上使っているわけでもないですし。もう使うのはやめたほうがいいですね><

ジャングル

1位 Master yi 80%

2位 Lee Sin 66.7%

3位 Warwick 64.7%

4位 Elise 55.6%

5位 Vi 52.6%

一位のYiは4.5パッチのときのみ使いました、4.5パッチのYiの一番特筆すべき点はランタン>王剣>オーメンという流れが鉄板なところですね。3番目のアイテムが防具って・・・そんな正統派強キャラみたいな装備になってしまったYiさん、かっこいいです。勝率が100%でもおかしくないくらいの強さでした。

2位のLeeは決して強いキャラではないのですが、向こうにAkaliがいるときや相手がFiddleでWardが欲しいときなどに結構使っていました。ちなみにパッチ4.5ではLee自体の弱体化とランタンが強くなりすぎたせいで、勝率45%という屈指の弱キャラになってしまった。悲しい!!

3位のWarWickは4.5パッチ前から使っていたということでこの勝率、後半はWWとYiだけで8割近い勝率ですぐにダイヤになれたので楽でしたね。私が上手だったというよりもジャングラーがランタンじゃない場合に、ほぼ負け確という酷いバランスだったために仕方なく使っていたという感じです。

4位のEliseもNerf前は相当な強キャラでした、意外と操作が簡単だったのでS3のときの褒章にもらえていてラッキーでしたね。赤と紫にハイブリペネを入れてドラン剣スタートという形で使っていてかなり気に入っていたキャラなだけに、もう使った瞬間負けという弱さになって悲しいです。

5位のViは可もなく不可もなくといった感じかな、最初のほうが使い慣れなくって結構負けたけどそれなりに強いキャラだったっぽいですね。Qを溜めながらFlashして相手に当てるのだけ気持ちよかった!!

ADC

1位 Jinx 50%

ADCはJinx以外は50%を下回っていましたねー、あんまり自分から宣言するロールではないのですが思ったよりこのロールで勝つのは難しいようです。

LOLKINGのチャンピオンの勝率を見ても、ADCで飛びぬけて高いキャラというのは中々いませんし私は日本人なのでDravenを上手く使うことができません。

レーンでは結構圧勝することが多かったのですがその後の試合展開が悪かったのかもしれません、もう少し練習する必要があるロールですね。

サポート

1位 Morgana 100%

2位 Sona 69.7%

3位 Leona 63.3%

4位 Annie 60%

5位 Thresh 42.9%

Edgeをもっとも当てやすいMorganaの勝率が100%でした、次に2番がSona。

SonaはS3の時から最も得意なキャラでしたから、この勝率がたたき出せて嬉しいです。

3位のLeonaは私はあんまり得意ではないのですが、流石に最近まで1強サポートだっただけありこの勝率。いつも味方に怒られていたような気がします。

4位のAnnieはそこまで弱体化されたわけではないのですが最近は全く見かけることがなくなりました、AAハラスが結構強いのですが青剣との相性があんまりよくないせいなのか近頃全く見る機会がありませんね。

5位のThreshは強い強いといわれていたので最初のほうよく使っていたのですが、ドラン盾がNerfされたあとはLOLKINGのほうでも勝率が大分下がってしまっており、もうサポートの中では大分下のほうに位置するようになってしまいました。S3の頃は本当に強いキャラだったんですけど、残念。

その他

Wukong 62.2%

ジャングルとトップで50回以上使ってこの勝率です、かなりの強キャラなだけはあります。

ジャングラーのときはリザードから黒斧、トップのときは対面によって王剣かハイドラを初手に持つという感じでした。今はLSルーンが弱体化されてしまったので、HPRegenを入れていくと安定するのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

まとめ

強いキャラを使う、味方に文句を言わない、ラストヒットをしっかり取る。

という3点を守ればランクというのは結構上がっていくようですよ!!

Pocket

スポンサードリンク



関連記事