toggle
2014-04-09

LOLのPatch4.5 League of Lanternの個人的なまとめ(League of Legends)

Pocket

Patch4.5はルーンの性能の変更や全キャラのArmorが+4されるなど非常に多くの変更点がありました。

今回は思ったことや今後どういったキャラが強いのかというのを自分なりに綴っていこうと思います。

まずは今回の目玉、ランタン進化後のFeral Flareを使うことになるJungleから

スポンサードリンク

Jungle

Yiが最強でWarWickが2番目、早期のガンクが強力なアーリーゲームタイプのキャラはXinとShacoの2名が強力であるという勝率が結果として出ています。

なのでこの4人にランタンと王剣を持たせるというのが、現状の基本戦略となっています。

それとFFのダメージが高すぎるのでSunfire Capeではなく、Randuin’s Omenを積むというのが鉄板となっております。王剣を積まないキャラも2番目はオーメンというわけです。

まとめると、ランタン>(王剣)>オーメン>GG

WukongやAmumuくらい強力なJunglerならなんとかなるかもしれませんが、普通の並み程度のJunglerではランタンキャラに全く対抗できないほどのバランスとなっており、早く弱体化されてほしいものです。

 

また相手のインヒビなどを折ったあとに、赤と青バフだけでなく、なるべく敵のデカイ中立クリープだけを狩ってから帰るという動きも新たに加わった感じです。

死んでもスタックが減らないスタックアイテムという完璧な壊れアイテム、後半はJunglerが一番強いというおかしなLOL。

Top

LSルーンの弱体化によりTopのLSルーンを入れる可能性のあるキャラの勝率が少し下がった感じです。

かわりにSingedの勝率が52%を超えるようになりました、個人的にはテレポートが若干強化されていますがそれはあんまり関係はないと考えています。靴はありそうですが・・・

JungleとMidでも強いのでなんともいえませんが、WarwickとKayleの勝率も中々凄まじいものがありますね。

 

もうひとつの要素はサモナースペルのHealに2秒間MS30%アップとCTが240秒に短縮、さらに回復半減効果削除まで付いてしまったために、Topでガンク耐性の高いキャラが状況に応じてFlashやGhostの代わりにHealを入れるということができるようになりました。

そのためHealとIgniteを入れたTryndamereに勝つのは至難の業

レーンとJungleの両方がCC厚くない場合、Healで逃げられるというのはさすがにあまりにも異常な状況なのでこれもすぐに修正されると考えています。

ちなみにランタンと相性がよく逃げ性能が高いShyvanaなどもSmiteとHealみたいな構成が鉄板なようですね。集団戦がHealのほうが強く、カウンターガンク戦のときにHealは強力ですからね。

 

まとめると

LSルーンの弱体化を全く受けなく、Flashの代わりにHealを入れることができるキャラが強い、という傾向ですね。

KayleWarwickSingedTryndamereの4人が熱い!!

WukongとFioraもまだまだ強力だと思いますが、今回のアップデートの恩恵はあまり受けれていない感じではあります。

Mid

今回のアップデートでZiggsの射程が575から550に、Heimerdingerが今までバグっていたくらい強かったんですが大幅弱体化という感じです。

Ziggsはレーンが少しきつくなったくらいですが、ヘイマーさんはもうだめかもしれません。

Midレーン屈指の強キャラ、Malzaharに弱いのは本当に痛いし、何より今はJungleにYiがいる確率が高いですからね。まあ彼は素直にバンしとくべきですが。

 

ここでもやはりHeal強化と、あとはExhaust強化によりバーストダメージ&イグナイトでタイトロープを制するキャラではなく、KayleやSwainやTalonのようなちょっと装備差が付いたり、Junglerが来たときに普通に相手を倒せるキャラが強いみたいですね。

逆にZed、Lee Sin、LeBlanc、Veigarなどは使い手には申し訳ないですが、Pick=Trollと呼べるほどに低い勝率となっています。

特に今はサモナースペルを考えなくても、大人しくしていればランタン持ちのJunglerが試合を決めてくれるので、ドラゴン戦以外ではあんまり無理をして欲しがった動きをする必要もないというわけです。

レーンが安定してれば森でランタンのスタックを貯めやすいので、貯めさせていたほうが得っていう考えですね。

ちょっと消極的すぎて残念な気もします。

ADC

ランタンを考えなければ、今回のパッチで最も影響を受けたのはこのロールでしょう。

まずキャラですが、Miss Fortuneのスキルが一新されたことにより、かなりのOPチャンプとなりました。

ADC現在の勝率はDraven52.88%>MF52.55%>Jinx52%>Ashe50.67%の順番となっております。

 

一番難しいロールの一番難しいDravenはやはり最強のADCらしいですね、あの難易度ならずっとこの勝率でも文句はないです。

紫ASルーンの影響を一番受けやすいし、Qの消費マナが大きく改善されたMFが2位

OPパッシブ、Qによりレーンも押しやすく、WとEにより中々のCC力、使いやすいUltと非常にバランスの良いJinxが3位

かなり使い慣れた人じゃない限りレーンはまず負けてしまいますが、元々LSルーンを積まないうえに、後半ADC中最もCarry力のあるAsheが4位。

 

 

サモナースペルは今まではFlash+Barrierの一択でしたがFlash+ExhaustかHealという選択肢も入るようになりました。現状はHealがやはり一番人気なようです。

Support

黄色ARFlatルーンが弱くなった恩恵が一番高いのが実はSupportだったりします。

理由は紫にARFlatを入れて、黄色にHealthFlatを入れると以前より硬くなってしまったりするんですよね。

赤ARFlatはなぜか弱体化されていないため、人によって一番ルーン構成は変わるのではないでしょうか?

 

Leonaが弱体化されて、キャラがステータスとサモナースペルのおかげで全体的に硬くなったためにSonaの勝率がなんと53.11%と結構えらいことになっています。

Edge全盛の今、Edgeを持てないLeonaの勝率が高すぎたというのが異常でしたね。ただ今でも52%あるので流石はLeonaと言ったところでしょうか。

Fiddle、Sona、Zyra辺りの非常に柔らかいけど捕まらなければ強い系のEdgeキャラの勝率が高いようです。

HealとExhaust強化がやっぱり大きいかなーと、Ignite持ってもSona倒しきれないのは中々辛いです。

 

サモナースペルはFlash+Healが人気ですが、相手にTrynがいるときなどはExhaust。相手のSupportがEdgeキャラでこちらがノーEdgeキャラのときにはIgniteを持つという感じです。

EdgeのGP10力は半端ではなく、後半他のゴールドアイテムとは比べ物にならないほどの資金差になってしまうので、こちらがノーEdgeだった場合は対面を倒しきらないと、多分味方が強くない限りその試合は負けます。

スポンサードリンク

まとめ

Vayneさんと同じ扱いになってしまったLee Sinさんの件は残念でしたが、今Junglerを練習する必要はない感じですね。

すぐにアイテムの効果が変更されるはずなのでしても仕方がないと考えます。

 

今練習するならTopとSupportが熱い感じですねー。

Pocket

スポンサードリンク



関連記事