toggle
2017-06-14

ついにWordPressの子テーマを作成しました!!!!

Pocket

WordPress子テーマ作成

グーグルアドセンスという広告がありますよね?

今書いている時だと1個だけ設置しているんですが、なんというかピシッと設置する時には、PCから見た場合とスマホから見た場合で条件分岐させる必要があるみたいです。

レスポンシブデザインと言って、PCとスマホどちらから見ても最適になるように、このテーマは作られているんだけどアドセンスには対応していないようなんですね。(していたらすいません)

 

このブログはまだ、トップページも適当どころかほとんど手を付けていないんですけども、僕もブログが続きそうだなと確信できるようになったので、そろそろレイアウトを少しづつ弄ってもいいかなと考えています。

 

それで本日ようやく重い腰を上げて、子テーマの作成に取り掛かったのですが、やはり初心者。

本当に苦戦しました!!

 

子テーマというのはWordPress(WP)というもので、このブログは作成されているんですが、WPにはテーマというものがあります。

カスタマイズする際に、functions.phpとか色々なファイルに色々なものを書き足すわけなのですが、そんなことをすると、もちろん壊れてブログが動かなくなったりトラブルが起きやすい。

初心者ならばなおさら。

 

なので子テーマというものを作り、それをカスタマイズするという手法が一般的どころか常識のレベルであるらしく、本日はその子テーマを作成するまでの苦悩と手順を書くことにしましょう。

忘れないうちにね。

 

スポンサードリンク

思考の流れと、拙い作業手順。

 

  1. アドセンスの条件分岐、めんどくさいなー
  2. まずテーマを編集するのが怖い
  3. 子テーマを作ってから編集するのが常識なのか
  4. では、今日は子テーマを作成するところまでやるか
  5. 全然うまくいかない
  6. やっと終わった
  7. よし、この経験を書き記していこう ←イマココ

 

調べ始めて最初にわかったことは、契約しているサーバーによって、子テーマの作成手順は結構やり方が違うらしいということ。

 

レンタルサーバーには色々種類があって、僕はさくらインターネットと契約しています。

 

これも結構使っている人が多いサーバーなので、ぐぐったらやり方が出てきたんですが、なんかうまくいかなかった……

2時間くらい、様々なサイトを見ても全然うまくいかなかったんですよね。

 

具体的に言うと、WPの管理画面で外観>テーマから子テーマが全然出てこなかった。

 

僕が今使っているテーマはPantomimeっていうMinimalWPさんのところの有料テーマを使っているんです。(基本的には無料テーマでいいらしいです、プロが言ってました。)

なのでMinimalWP 子テーマ というワードでぐぐったらなんと。

 

子テーマを作成するプラグイン紹介の記事が出てきたのです!!

 

使ったプラグインはChild Theme Configurator

 

紹介されていたのはOne-Click Child Themeだったんですが、2年前のプラグインらしく、Child Theme Configuratorは2ヶ月前のプラグインだったのでこちらにしました。

こっちでググってもたくさん記事出てきましたし。

 

そしたらもうね、一発で子テーマ作成されましたよ。

 

プラグインを入れすぎると重くなるとかいう言葉を聞いていたためか、プラグインをまず検索するという思考が抜けていました。

 

そもそもこのプラグインって子テーマ作成するためなんで、重くなりようがないと思うんですけどね。

作成したあとに消してもなんともないみたいですし。

 

とにかくこれでfunctions.phpを気兼ねなく編集することができそうです。

 

もしエラーが出たら、さくらインターネットのファイルマネージャーから元のファイルに上書きすればいいだけな気がしますし、強気に行けますね。

Pocket

スポンサードリンク



関連記事