なぜブログを書くのか、改めて理由を考えてみる。

 

僕は性格的にマイルドというか、何か練習する場合は基礎的なことをよく学習したいと思うタイプであります。

本日はブログを書き続けるという30日間チャレンジの三日目ですが、正直朝から憂鬱でした。

そしていざブログを書こうと思っても、中々書き始められません。

 

ようやく文字を打ちはじめてこの行を書き上げたのは、やろうと思った30分後だったりします。

 

そもそも、なぜ?ブログを書こうと思ったのか。

 

そうですね、やはり人間何かするうえでは大きな感情的理由が必要なのでしょう。

ブログなんて早起き同様やっている人なんかたくさんいます、そこまで特別なことじゃあない。

ですが僕にとっては大変不自然極まりない行為です。

 

自分が思っていることを文字にして発信する。

お前恥ずかしくないのか!?ってね。

 

自分の性格的な欠点として、いまだに全然克服できていない部分が二つあります。

 

1.行動力がないこと

つまり、自発的に何かしようとは思わない傾向が強いということです。

問題を先送りにしてしまうのとは違います、問題そのものを見つけようとしないために、認識していない。

それが僕の今までの人生だったような気がします。

 

このままではダメだとすら思わないんですよね。

そのくせトラブルが起きれば、他の人と同様最悪な気分で嫌々対処していました。

 

行動力がないことで、人生は大変マイナスに傾いていたような気がします。

 

 

もっと積極的に自分と関わっていく必要があると。

大抵の自己啓発本に書いてありますよ、行動力が一番大事だとね。

僕も今なら心の底から納得できます。

 

2.物事を先延ばしにしてしまう癖があること

 

先ほど問題を先送りにしないようなことを誰かが書いていましたが、全くそんなことはありません。

 

行動力がない上に、先延ばし癖もある。

これはもはや救いようがなく、彼の人生はトラブルにまみれていた。

 

ただこちらは行動力と違い、大分緩和されてはいます。

部屋の掃除は普通にできますし、何よりもこうやって一年以上放置したブログを書いているのですから!

 

 

3.普段人と会話するのだから、何かを発信しても悪くはない

 

やはりこのように自分の考えを人に伝えたりするのは、やりたかったこと何だと思います。

 

僕自身が人と会話するのは結構好きです。

昔自動車学校で知り合った人に、一方的に自分が喋りたいだけの話を数時間して、次の日から避けられたくらいですから。

 

会話するのと違って文章は得意ではないですし、スキルも低いので書いていてストレスが溜まりますけどね。

そこはそのうち緩和されるものだろうと前向きに考えています。

 

ちなみにたったこれだけの文章を書くのに、2時間かかりました。

昨日よりは大分気持ち的に書きやすかったし、時間間も短かくなりましたね。

三日目にしては、順調と言えなくもない。