ブレイブガールレイヴンズをプレイしてやり終えた感想など

2017年9月30日

カイゼルちゃん
カイゼルちゃん

 

DMM GAMESのブレイブガールレイヴンズというゲームを一ヶ月くらいプレイしていたのですが、その感想を書きたいと思います。

クソゲーかなと思って最初プレイしてみたのですが、かなりキャッチーかつカジュアルで面白かった。

 

もうクリアしてしまったんですが、忘れない内にどういったゲームか書き記して置くことにします。

 

このゲーム最大の特徴としては、余りにもサクサク進むことでしょうか。

戦闘が単純なので、そういうゲームで攻略に詰まるとレベルを上げるしかないんですが、詰まったことは一回もなかったです。

グラフにするとこんな感じだ。

 

ブレイヴガール

 

ではどんどん紹介していきましょう。

 

余りにもキャッチーなストーリーと頭を使わない戦闘

 

原作のラノベがあるのかな?って思って調べてみたくらい王道のストーリーでしたね。

強さ10が最高だとすると7か8くらいの主人公が、旅を続けていくうちに女性の仲間が増えていくっていう、つまり完全になろう小説。

異世界転生していないだけで、本当にラノベっぽいストーリーだと感じました。

 

戦闘はキャラが走って攻撃するだけ。

ちょっと工夫するところもあるけれど、ポケモンのストーリークリアよりずっと簡単だと思う。

 

無課金でも結構強いキャラクター達

 

このゲームはガチャからレアがでなくっても、ストーリーに出てくる無課金キャラが簡単に最高ランクになる。

具体的に言うと、SSRより上のUR+レベル95にすぐなってしまうんだ。

 

ゲーム内マネーですぐ出るキャラクターがURってよくわからないんだけど、そういうゲームなのである。

ガチャから出る特定のレア>イベントキャラ>ストーリーキャラっていう強さの順番。

 

でも一番弱いキャラでも、一番強いキャラの70%くらいのステータスがあったので、普通に最初UR+作った時には感動的な強さでした。

 

編成はTNKに従え

 

2ちゃんねるのスレッドを見に行ったら、初心者が以下のような質問をしていたのだ。

「このゲーム、編成はどうすればいいんですか?」ってね

それに対する上級者達の答えは「TNKに従え」

 

僕は「タンク?なんだそれ?」と思ったが、読み進めるとすぐに意味がわかった。

 

要約すると、「難易度も緩い1人用のキャラクターゲームだから、自分の心の声に従ってプレイしろ」

というような意味だった。

もっと具体的な意味を知りたければ、自分で見に行くといい。

 

DMM屈指のフレーバーゲーム

 

 

簡単な解説 備考とか感想など一言
ジャンル 美少女進軍RPG 賑やかだけど、戦略性ゼロ
価格 基本プレイ無料 キャラが好きな人だけ課金
プラットフォーム DMM オンラインゲーム 直接運営しているのはどこなんだろうね
ソーシャル度 1人用だけどギルド機能がある ギルド機能付けたほうが長く続く気はする
ゲームシステム ぬるい 簡単で素晴らしい
世界観の出来 なろう小説っぽくって好き 異世界転生はしてない
ヴォーソス:メル比 ヴォーソス10:メル0 フレーバーのみのゲーム
スタミナの消費 10分かからないでゼロになる 回復薬は毎日いっぱい貰えるので溜めておける
特徴 初日からイベントに参加してキャラゲットできるのは良い 詰まらないのは大事

 

相当ハマった人だけが課金するゲームですね。

一回の戦闘で15人出撃するので、難易度をきつくしちゃうとダメだから温いのかなと感じました。(難しいと人数多い分、強化が大変)

難しいとか、倉庫が少ないとかいう理由で課金するゲームではないので、普通に良ゲーかな。

 

人気投票みたいなのがゲーム中のクエストにあるらしく、そこで大量にスタミナ回復剤を使う人が多いらしいので、アイドル商法と似ているのかもしれません。

文化祭の一体感が好きな人もいるんでしょう。

 

全てのキャラクターが普通に戦闘で使えるのと、毎日貰えるスタミナ回復剤のおかげで、プレイのペース配分がかなり自由なのが素晴らしいゲームでした。

 

終わりに

 

勝手にキャラクターが動いて敵を倒していくっていう戦闘シーンが好きだったんですが、これは大分好みが別れるようです。

やはり、ドラクエで命令させろを使わない人が好むゲームなのかな。

人に戦闘シーンを見せるとやっぱり「いや、これなにが面白いの?www」っていう反応をされてしまった。

 

僕はやはり2次元に限らず3次元でも、女性を見てなんとも思わないので、イベントキャラ2人ゲットしたくらいで辞めました。

結局このゲームはそこまでプレイしなかったんですが、素晴らしいゲームという評価です。

 

ラノベっぽいゲームを少しだけやってみたい、という人にオススメしたい。

ゲーム

Posted by 北川楓