上達に関すること

上達に関すること

天才と呼ばれる人の特徴3つ【情熱さえあれば、時間を有効に扱える】

トレーニングの第一人者アンダース・エリクソン博士によると、生まれながらの天才は一人もいないようです。 また、各分野のトッププレイヤーに共通してみられる遺伝子もなかったそうです。 にも関わらず、生まれながらの才能...
上達に関すること

頭が良くなる方法4つ。【具体例と練習方法あり】

次の4つの頭の良くなる方法が書いてあります。 1.自分の能力は努力次第で伸ばせると信じる 2.スキマ時間に何かしらの本を読む 3.毎日、もしくは週に5回、20~30分歩く 4.毎日決まった時間に、ポジティブな出来事を3つ書く
上達に関すること

文章が書けない人へ【王道の3つの型】

文章を書くという行為は難しい事なので、「スラスラ書ける」という人は少ないでしょう。 どこから手を付けて、書き終わりがどうなるのか、全くイメージできない。という人が一般的どころか当たり前です。 実は文章の形式は決...
上達に関すること

ホメオスタシスとは?急に早起きは出来ないし、空き時間も有意義に使わない原因

ホメオスタシスとは、恒常性(こうじょうせい)維持機能とか生態の恒常性と言われるものです。 私達の体温、心拍数、睡眠時間などが一定に保たれているのは、ホメオスタシスのおかげです。 ただ必ずしも、全ての状況で私達のメリット...
上達に関すること

ツァイガルニク効果

ツァイガルニク効果という人間の心理を知っているでしょうか? 実は呼びにくい名前の響きとは裏腹に、人間の注意を強力に引きつける3つの要素の1つです。 3つの磁力要素 1 自分に関係するもの2 未完了のもの(ツァイガルニ...
上達に関すること

練習の成果が出ないのは、単純にたくさん練習してきたからという話。【習熟曲線】

練習の成果が出ないと言えば、練習方法やメンタル的なものと思われますが、実は関係ありません。 関係がないと言うのは言いすぎに聞こえるかもしれませんが、「スランプ」に悩むレベルの人には関係ないという話です。 始めたばかりの人が「最...
上達に関すること

練習には大きく分けて3つのレベルがあり、プレイヤーのレベルは練習方法で決まる。

何かを効率的にできるようにするために、繰り返し習うことを練習と呼びます。 よほど硬派な人以外は次のように考えるでしょう。 「どうせ練習するならば、効率的に練習をしたい」 残念ながら、世の中には楽な練習方法は存在し...
上達に関すること

IQの平均値と、IQの高さに関わらず努力が必要という話

人に向かって「頭が悪い」といえば、悪口になる。 人に向かって「頭が良い」といえば、褒めたことになる。 IQは一般的に、身長やルックスや家柄と同じ。生まれ持った能力の1つで、高ければ高いほど人として優れていると考えられて...
上達に関すること

頑張りすぎると集中できない

理想の集中力という言葉を聞いて、どのようなイメージを思い浮かべますか? 休み時間が10分しかないのに、授業が終わった瞬間に校庭に出る小学生はどうでしょう? スキマ時間に全力を出す、大人になると中々できないことの1つです...
上達に関すること

4種類のEQスキルと、EQを高める方法【心の知能指数】

人間の脳は、物事は理性で捉える前に、必ず先に感情で捉えてしまうのだ。 EQとは簡単に言うと「ムキにならない力」、感情を味方に付ける能力のこと。 いくらIQ(知能指数)が高くても、すぐに怒鳴るとか、悲しくなってやる気が起...
上達に関すること

声が小さい人の頭の中はどうなっているのか?

小学生の頃、学年に1人だけ声が小さい女の子がいた。 国語の教科書は得意な人が読めばいいし、歌うことを強制する人もいなかったので、当時は特に印象に残らなかった。 大人になってから、意外とそういう人が多いことに気づいた。 ...
上達に関すること

考えすぎを防ぐ方法、考えすぎると新しい事を覚えられなくなるし行動力もなくなる

僕が幼稚園児だった頃の記憶の1つに、誰かに「一緒に遊ぼう」と言って「嫌だ」と言われた瞬間、相手に飛びかかっていたというものがある。 子供は衝動的だ。 自分の子供時代を振り返ってみれば、ほとんどの人が野生動物のように元気だ...
スポンサーリンク