上達に関すること

上達に関すること

楽しいことをしていると感じるために必要な9つの要素

世の中に楽しいことはたくさんありますし、人間特に目標を持たず何も計画を立てなければ自然と楽しいことばかりしてしまうそうです。 しかし、楽しいことにも種類がありますよね。 有意義でも生産的でもないけど楽しい 有意義で...
上達に関すること

人には大きく分けて2種類の考え方がある【マインドセットの意味】

新しいことに挑戦できない、もしくは挑戦しても全然上達しない、可能性を発揮できないという人は硬直マインドセットが原因です。 少なくとも動き出せない原因の大部分を占めていることは確実でしょう。 マインドセットというの...
上達に関すること

どうして我々は東方非想天則の天候の順番を覚えられなかったのか?【ゲームと記憶術】

何故、いまさらこんな記事を書いたのか。 その理由から説明していきたい。 昔、熱心にプレイしていた東方非想天則という名の対戦ゲームに、天候システムというものがあった。 それは20種類の天候が決まった順番に流れていくと...
上達に関すること

最近こうやって本を読んでいる。【効率の良い本の読み方とか読書のコツとか】

この間、「最近ようやく本を読み方がわかってきた」というツイートをしたら、記事を書いて欲しいと言われていたのですが、やっと書くことができました。 慣れ親しんだことでも実際にプロセスをまとめるとなると、難しいものです。 自分の経験だ...
上達に関すること

暗記アプリに問題を登録する手順と有効なテストの作り方など

分散学習システム(SRS; Spaced Repetition learning Systems)を使ったアプリケーションに問題を登録する際に、どうやって登録すると良いのかと自分なりにまとめた内容を書きました。 僕はAnkiと...
上達に関すること

効率的な記憶方法の具体的な手順【忘却曲線と分散学習】

この記事の内容は主に次の3つ。 忘却曲線と復習の重要性 効率的な記憶方法 そのための具体的な方法 忘却曲線のことだけを知っても情報を活かしにくいので、具体的な学習プロセスまで書いておくといった内容だ。 ...
上達に関すること

努力や練習を辞めたくなる方法を抑えるテクニック

新しく何かを始めたり、努力のいることを続けたりするというのは辛い。 あなたももう少し「自分にもっとエネルギーや意志力があればいいな」とは思わないだろうか? 村上春樹も自伝に「集中力の次に必要なのは持続力だ」と言っている。 ...
上達に関すること

フランクリンの文章力を付ける独学法と、頭打ちの状態から抜け出すテクニック

ベンジャミン・フランクリンの文章独学法を紹介したいと思う。 米100ドルに描かれている人で、日本でいうと福沢諭吉みたいなポジション。(お札に描かれるって凄い) かなり多彩な人だったという話だ。 フランクリンが文章力を伸...
上達に関すること

理想の生活リズムを手に入れるためにすることは、たった2つだけ。

よく生活リズムを正そうと思って調べてみたりするんですが、大抵以下のようなことが書かれています。 規則正しい生活をしろ 記録を取れ 毎日同じ時間に起きろ 朝型人間と夜型人間がいる 毎日同じ時間に寝ろ と...
上達に関すること

ブログの文体は「です・ます」と「だ・である」どちらが良いのか?

初めて文章を書こうと思った時、まず最初に疑問に思うことが 「です・ます調(敬体)」 「だ・である調(常体)」 どちらを使えばいいのか?だろう。 僕もブログを書いた時、文体はどちらを使えばいいのか迷った。 ...
上達に関すること

文章をたくさん書く方法と執筆記録の付け方

僕は文章が書けない、上手下手ではなく単純に全然量が書けないのだ。 そこで、先日できる研究者の論文生産術 How to Write a Lotという文章術の翻訳書を呼んでみたのだが、その本に乗っていた量を書く方法がとても優れていた。 ...
上達に関すること

文章力がある人とない人の明確な違い

こうしてブログを書いていると、たまに文章が上手だと言われることがある。 もちろんどこが上手なのか自分にはわからないので、そのようなことを言われるたびに「そう言われてもさっぱりわからない」と答えていた。 相手も「私も詳しく...
スポンサーリンク