心理学

keikentokioku

「経験の自己と記憶の自己」という話を最近聞きました。

 

経験の自己というのは、いま楽しいという幸福感。

記憶の自己というのは、苦しかったけど振り返ってみると「よかった」って感じられる幸福 ...

心理学

IBMというのは会社名、ワトソン(Watson)というのはその会社が作ったAIシステム。

そう考えてくれて構わない。

(コグニティブ・コンピューティングとか言って少し違うらしい)

 

心理学

kyoudoutai

4章では、共同体感覚、自己中心的、縦と横の人間関係。

この辺りがキーワードとなります。

共同体感覚という言葉以外は、聞いただけでなんとなく理解できるのではないでしょうか?

 

...

モチベーション

納得

最近モチベーションに関して本格的に学んできました。

PDCAだとか、SMARTだとか、自己効力感だとか色々あるんですが、1番驚いたのは目標は受け入れられてこそ効果を発揮するということです。

自分にとって、その目 ...

心理学

syouninyokkyuu

 

3章では、承認欲求を否定するということ。

自分と他者の課題を分離する対人関係のやり方。

本当の自由とはどういうことか、という流れになります。

 

承認欲求を ...

心理学

kyousou2

今まで書いてきたことを振り返ると

「トラウマを否定せよ」

「なぜ自分の事が嫌いなのか」

「劣等感について」

となりますが、今日は「競争と人生のタスク」というテーマになります。

心理学

rettoukan1

前回は「自分の事が嫌いなのは人間関係で傷付きたくないから、避けるために理由をこしらえている」という話でした。

今回は、なぜ人間は劣等感を感じるのかという話。

 

優越性の追求

 

心理学

zibunkirai

1章は「トラウマを否定せよ」と、「原因ばかり考えてたら過去にとらわれてしまうよ」という内容でした。

2章の話の始まりは青年が「自分の事が嫌い」だという話から始まります。

では早速その仕組みを見ていきましょう。

心理学

trauma

少し前に日本で100万部売れた嫌われる勇気という本を今更読んだんです。

読んでみた感想としては、かなり良い本で熟読する価値がありました。

読んでると内容がイチイチ心辺りあることばかりで、手が止まってしまうので読 ...

心理学

sakinobasikokuhuku

普段何が先延ばしにされているかというのを、メモしていて気づいたのですが、その大半は今までやったことがないことでした。

とにかく流動性がある世の中なんで、イチイチ新しいことをするのに抵抗を感じていては疲れるなーと半年くらい前 ...

心理学

tetris

皆さんの周りに、いつも愚痴ばかり言っている人っていないだろうか?

僕の友人の1人、沢田さんは昔からそのような人だった。

でもネガティブな人ってありふれているし、そんなに特別ってわけではない。

&nb ...

心理学

5list5

寿命が尽きる前にしたいことをリストアップするというのが良い人生を生きる方法の1つではあります。

人生の優先順位が明確になりますからね。

 

こころのチキンスープで有名なジャック・キャンフィ ...