toggle
2017-01-31

最近ずっと放置していたブログを更新していると人に言ってしまった

スポンサードリンク

今日でちょうど30日チャレンジの3週間目です。

今の時点であと10記事、書き終わればあと9記事になりますね。

 

今日はなぜか0時くらいに目が覚めてしまいました。

たまにこういう日があるのです、最近は毎日疲れているせいか随分不規則になってしまいました。

といっても、夜に寝て朝に起きるという生活の範囲の不規則さなので、大したことではありませんけどね。

 

今日こそ朝一でブログを更新しようと目が覚めたのですが、LOLを練習して、知り合いのキャスに上がり、普段食べない朝食を取り、非常に眠い状態でキーボードを打っている恰好です。

 

知り合いのキャスでブログを更新していると言ってしまった

 

「今年の11日からずっと放置していたブログを更新しているんだ。30日間チャレンジってヤツさ」ってね。

なぜ話したのかというと、LOLを細々と続けているという話をしたときに「どうしてそれくらいしかプレイしないのか?」と質問されたのがきっかけです。(間違ってないとは思いますが、100%の自信はありません)

「1日に使える人の集中力には限りがあり、自分の限界を延ばすような激しい練習は、どの分野のトップの人でも長くて5時間くらいだからだ。最近は放置していたブログを更新しているんだ、まだ全然下手だから何時間もかかるんだ。」

 

その後、北川楓でググると一瞬で出て来てしまう僕のブログの内容は、キャスのコメント欄にコピペされまくることになってしまいました!

かなり恥ずかしかったけれど、色々と感じたことのほうが多かったのでよかったですけど!

 

外向的な人と内向的な人でハッキリと反応が違った

 

外向的な人の反応はブログもTwitterも違いはないような反応だった。

「そっかー、ブログを書いてるんだー」というだけである。

僕との仲がいいとか悪いとか関係なくこういう感じ、つまりなんの反応もなかったんですね。

彼らの気持ちは今度聞いてみようと思います。

 

一方内向的な人の反応はどうかというと、むしろ興味津々でした。

彼らはよくTwitterでツイ消しをするだけでなく、非常に少数のみをフォローした別アカウントを持っていたりする場合も多いのです。

僕も8割くらいは内向的なほうに寄っていると自分で認識しているので、その気持ちはわかります。

内向的な人というのは、1人でいると回復してみんなといると消耗する。外向的というのはその逆。

 

言われてみれば、文章を書くという行為は1人でするものですよね?

自分のブログを持ち、内省や頭に浮かんだ考え、練習していること、読んだ本の感想、感激したことを自由に書くことに魅力を感じるのでしょう。

ただ、やはり人に拙い文章を見られるというのは、大変恥ずかしいものです。(一生恥ずかしいものだと諦めているよ)

スポンサードリンク
関連記事