負けた時の言い訳は考えていたほうが良い【情操教育】

この記事は約4分で読めます。

あなたがスポーツや楽器など、何か新しいことを習い始めるとしましょう。

学習学のプロセスで言うと、上達に有効なのは次の流れになります。

学習学
  • やるべき意味を考える
  • 手順を教わる
  • 自分で間違いを習性できるレベルを目指す
  • それ以上は本人のやる気次第

しかし、上に書いた方法でスムーズに上達していくことは、珍しいです。

一般的な人の場合、新しいことを身につけるには、まず心の声を静めて集中力を取り戻させる必要があります。

教育者の友人が言うには、その方法を情操教育といって、まずは心に寄り添ってあげるのだそうです。

情操教育の例

あなたは小学校の先生。

逆上がりが出来なくって、泣いている生徒がいたとします。

その時、すぐにやり方を教えるのは、素人のやり方なのだと。

心の声を静めるプロのやり方

「逆上がりは難しいからできなくって当然だよね」

から、入るそうです(相当親切な人じゃないと、他人にこんな態度は取らない)

まずは、泣いている生徒の後ろめたさを解消するのが先決なのでしょう。

逆上がりが難しいのは客観的な事実なので、泣いている生徒は

「始めたばかりだから、できないのは当たり前なのか」

と、落ち着きを取り戻す仕組みです。

気持ちを無視して練習させるのは非効率

泣いている生徒に

「とにかく頑張れ、気合が足りない」

と、根性論でゴリ押ししようとする先生は、今どきいないと思います。

根性論でなく冷静に手順を説明しても、心のわだかまりが解消されていないのであれば、無駄なのです。

まず逆上がりができない惨めな自分のイメージを払拭させたほうが、ずっと効率が良い。というのは、私達の経験からも理解しやすいでしょう。

学ぶ前に精神勝利する

インナーゲームという、テニス界で有名な練習方法があります。

  1. 自分に口うるさく指示を出すものをセルフ1
  2. 実際にプレイするのがセルフ2

先程の逆上がりの例なら

  1. 逆上がりが出来ない自分を責めるセルフ1
  2. 実際に逆上がりの練習をするのがセルフ2

となります。

セルフ1の声を静めて、セルフ2にプレイさせるのがインナーゲームの考え方です。

精神勝利法や、情操教育と似ていますね。

過去、思ったよりもできたこと1

誰にでも思ったよりスムーズにできた出来事はあると思います。

僕の体験を1つ上げさせてもらいます。

中学生の時の自習の時間、プリントの裏に書いた2Pの漫画は上手にできました。

一般的に漫画を描く行為は特別難しいのですが、人に評価されることや絵の出来は気にしないで書いただけなので、非常にスムーズだったことを覚えています。

過去、思ったよりもできたこと2

体育の時間のバク転も上手にできました。

単純に体操マンガの知識があったので、怪我をしない練習方法を知っていただけです。

それにみんなは怖がって練習しないものですから、「練習しているだけで偉い」みたいな空気がありました。

やはり、精神的に勝利していたわけです。

全く上手くいかなかったこと

今書いている記事のような執筆活動は、全然スムーズにいきませんでした。

スポーツの世界では、「自分のプレイが自分自身を表している」といったような哲学的考えはNGとされています。

集中力が必要な以上、文章の世界も同じはずですが、気持ちを割り切るのは難しかったのです。

心のゴミを取り除く

「部屋が汚い人は心も汚い」という乱暴な言葉があります。

「部屋が散らかっている人は心も散らかっている」くらいなら納得できます。

学習において、部屋の掃除よりもずっと、心の掃除の優先順位はかなり高いようです。

瞑想もインナーゲームも心の掃除

瞑想もインナーゲームも、感情の操り人形にならないようにすることを目的としています。

「集中力が上手く発揮できていれば、物事は順調に進んでいくはずだ」という考え方ですね。

楽観的なほうが悲観的よりも良い

  1. 車にひかれると思っている人は、ひかれる可能性が低い。
  2. 車にひかれないと思っている人は、ひかれる可能性が少しだけ高い。

しかし前者は疲れます。

人間は1つのことにしか注意力を払えないので、起こる可能性が低いことは、深く考えないほうが効率的なのです。

終わりに

書いたこと
  • 何かをする前に、心の声を静めるのが大事
  • 思ったより上手くいった事は、心が静まっていた
  • 思ったより上手くいかなかった事は、心が騒がしかった
  • 集中さえしていれば、大抵のことはうまくいく
  • 心の掃除の優先順位は、かなり高い

情操教育、心理的安全性、インナーゲーム、精神勝利法など色々な名前がついていますが、どれも目的は同じ。

自分を責める心の声を静めることを、目的としています。

言い訳や自己弁護を用意してから物事を始める、この後ろ向きの作戦、場合によってはかなり有効であるようです。

コメント