toggle
2017-01-21

ゲームのエキスパートになってよかったこと

スポンサードリンク

人生でゲームを1万時間以上、もっと恐ろしいことに2万時間はしてきたかもしれない。

それほど長い時間熱心に取り組んできたことだが、日本ではゲームが上手だからって高収入とか、人生にプラスの要素になることはあんまりない。

 

もちろんゲームが上達したいと思っている人からは、尊敬されることがあるかもしれないが、昔の僕も含めて大半の人はゲーム依存症であり、ハマるよりはプレイ時間を減らしたほうがいいだろう。

 

仮に僕からひとつだけ上達のアドバイスを他のプレイヤーに送るとしたら、1番教えてあげたいことは「もっとプレイ時間を減らせ」ってことかなw

 

ただ今回は上達の方法を書くつもりはなくって、長年ずっとゲームをしてきてよかったことがテーマですね。

ゲームを熱心にやってきてよかったと思えるのは、プレイヤーとして幸福だと言えるでしょう。

 

では早速!

 

人は練習すれば必ず上達するという考え方が身に付く

 

初期段階で上達の遅い人、早い人ははっきりと分かれますが、それは似たような経験があったり、単純に知能指数が高いかどうか、普段どれだけ疲れているかとか様々な要因がありますが、練習すれば誰でも上達します。

プレイ時間の割りに弱い人もいますが、そんな人でも初心者よりはずっと上手でしょう?

そもそも8割くらいの人がそんな感じなのは当たり前であり、上級者には1人もいないというだけの話です。(統計的に出てる)

 

1人の例外もいません、とりあえずゲームをプレイすれば個人差はあれど必ず上達します。

あの有名なkitawingさんですら、一般の人よりは強かったですから!

成長が鈍化するまでの最初の学習時間が楽しいのは、ゲームならではと言えるでしょう。

 

人間の能力は変わらないという固定思考の人は、学校の同級生に多かったですね。当時はそんなことを言う人を見るたびに呪われていると思ったものです。

ゲーマーはみんな優秀な学習者なのですから、人間の能力は伸び続けるという成長思考の人が大半をしめていると感じますよ。

 

ゲームは本当に練習の成果が出やすい、多分世の中で一番結果が出やすいんじゃないかなー。

 

ポジティブなものの見方が身に付く

 

キャラクターや装備には、それぞれ他よりも優れている部分と劣っている部分があります。

それぞれの特性を見て、相対的に良いところを発見していくというのは、1日に起こった良い出来事を省みるという幸せになる訓練にも似ている。

ゲームバランスでいつも問題になるのは、ポジティブすぎるキャラクターですけどね!

 

僕の知り合いにゲームが上手で頭もいいんだけど、明らかに誰から見ても人格が破綻している人がいます。

最近そこまでギャップがある人は僕の人生で他にみたことがないので、彼がいかにユニークな人かようやく気付きました。

そんな彼でもゲーマーのコミュニティーは普通に受け入れてくれます。

(能力が高いのに性格が悪いっていうのは本当に嫌われやすいと思ったw)

 

やはり彼らには物事のポジティブな要素を探すという習慣が、獣の本能のごとく刻まれている証拠と言えるかもしれません。

 

心の平穏こそが一番大事

 

ストレスを感じないようにしたり、怒らないようにするというのは、上達するうえでとても大事です。

対戦ゲームでは冷静な判断力が必要だからそういうことをするのか、それとも学習を積み上げるためにするのか、それぞれに目的や動機はあるでしょう。

上級者はなるべくそうならないように回復する手段や考え方、手法と言ったものを身に付けているものです。

 

ゲーマーに僧侶的な一面があるというのは、やってない人から見たら中々不思議な話に聞こえるかもしれませんね。

心の平穏は大事、対戦ゲームはそれを教えてくれる良いツールです。

 

自分自身や周りの人間に対して寛容になれる

 

何かがあって感情が乱れて、それから他人に責任転嫁して、ずっと周りに文句を言っている人。

こういう人は僕は5000人以上見たことがあります。

 

「俺も同じ数見たことあるわw」と同意してくれる人は結構いるかもしれませんね。

「俺もそれよくしてたわw」って人ももちろんいるでしょう。

僕も開幕に1デスしてAFKしたことがありますw(下手な時期は誰にでもある)

 

僕はビギナーはみんなそのような人達であるというのが、ハッキリとわかります。

それは好ましくない特性ですし、見ていて気分がいいものではないのですけど、悪いのはその人自身ではなく未熟なだけなのだと、みなさんもそう認識しましょう。

 

知り合いが増える

 

ゲームを通して知り合いが増えていくというのは、ソーシャルメディア全盛時代の良いところです。

昔から知り合いと一緒にゲームって滅多にしませんが、数年前の知り合いが今では物凄い上手になっていたりするのを見るのは嬉しいですね。

他には結婚をして忙しくなってほとんどゲームをしなくなった人とか、色々な人がいて、色々学んだり思うところがあったり。

 

1万時間以上ゲームをしてきましたが、唯一幸運なことは本当に熱心にプレイしていたというところです。

なあなあでプレイしていたら何も学ぶことがなかったし、知り合いも増えず、今も楽しくなかったでしょう。

 

 

今は他のことばかりしているし、あんまりしなくなりましたが、やるからには何事も熱心にするのはいいことです。

みなさんもゲームをするからには、一生懸命熱心にすることをオススメしますよ。

ただし、プレイ時間はなるべく少ないほうがいいですけど!

スポンサードリンク
関連記事