文章をたくさん書く方法と執筆記録の付け方

僕は文章が書けない、上手下手ではなく単純に全然量が書けないのだ。

そこで、先日できる研究者の論文生産術 How to Write a Lotという文章術の翻訳書を呼んでみたのだが、その本に乗っていた量を書く方法がとても優れていた。
長年ずっと悩んでいた悩みが解決したと感じたし、今日からこのブログもどんどん更新できる気がする。
本日はその方法を紹介したい。

たくさん書くための唯一の方法


その方法は単純で、手順は以下の通りだ。

  1. 執筆スケジュールを立てる
  2. 立てたスケジュールを守る

以上。

文章を書いたことがある人はわかると思うのだが、文章を書く作業はとても気が滅入るし全然楽しくない。しかも難しい。
なので気が向いた時、もしくはどうしても書く必要がある時にだけ、一気に書こうとする。
このような書き方をする一気書き派という、スケジュール派よりも生産性が圧倒的に低い。
嫌なことを気が向いたときだけする考えは、最初から破綻している。
私達はそれを小1の夏休みに習った。(でも小2の夏休みも同じ結果になった)

実験によると、毎日書かなければペナルティがある人のほうが、そうでない人の何倍ページ数もアイデアも優れているようだ。
つまりインスピレーション大したことがない、ペナルティに大きく劣る。
インスピレーション君の外見はとてもかっこいいので、みんな騙されているってわけだ。

立てたスケジュールは守る必要がある、だけど守り続けるのは難しい。
どうやってモチベーションを管理すれば良いのか。

執筆スケジュールを立てたあと

動機づけ

  1. 目標事項のリストを作る
  2. 優先順位をつける
  3. 執筆状況を常時把握

いつ明確な目標事項を設定するのか?それは執筆スケジュール内だ。
何故ならば、目標を立てる作業も執筆プロセスの一環だからだ。
目標事項はこのブログだと、3ヶ月ほったらかしにしていた本を読むとか、話し方についての記事を書くとか、以前の記事の修正とかになるだろう。
それだと目標としての塊が大きい。(手順が多いほど抵抗感が大きい)
なので1章だけ読み進める、最低1000文字書く、というように細かくしたほうが取り組みやすいはず。(手順が少ないほど抵抗感が小さい)

次に優先順位をつけるとあるが、単純に締め切りがあるものを優先すればいい。
全部するんだったら優先順位はいらないし、全ての目標が終わって書くことがないのであれば、執筆時間に執筆項目を作成する時間を当てればいい。

最後に執筆状況の把握だが、人間の心理として当事者の見積もりは甘い。
何故か特別に楽観的じゃない人でもそうなのだ。(管理者の見積もりは厳しく、第三者の見積もりがその2人より正確)
なのでダイエットする人が自分の食べたものを書くように、文章を書く人も執筆状況を記録していこうという話だ。

そう考えると執筆記録を取るというのが、執筆を続ける上で一番大事だろう。
村上春樹が「毎日少しづつ長く文章を書けるようになってきた」と言っていたが、つまりスケジュール派で執筆記録も取っているということだったのか。
流石、一流は違う。

執筆状況を把握するには

カレンダーに○をつけていったりノートに記録をつけるのもいいけど、この本の筆者はSPSSという統計ソフトウェアを使って記録しているようだ。
心理学者だから普段から使っているのだろう。
自分の記録の統計を見たりグラフで表示したりするのは、とても楽しそうである。

僕は当然SPSSは持ってない、なのでグーグルドキュメントを使うことにした。
検索してみると、世の中立派な人がいるもので「Googleドキュメントによる自動執筆量記録・報告システム」という本格的な記事が出てきた。
僕は関数なら多少使えるけど、スクリプトまではちょっと……
論文を書く研究者だけでなく、小説サイトに投稿している人たちも使ってそうなほど良い出来。

執筆記録

その日の目標を達成できたら1、できなければ0

グーグルドキュメントを使ってブログを書いていないので、とりあえずグーグルスプレッドシートに筆者と同じ並べ方で作ってみた。
これだけでなんだか村上春樹に近づいた感じがする。

一ヶ月も続ければ、グラフ機能を使って色々分析できる。(ハイテク)
今から楽しみだ。

終わりに

今回の内容をまとめると

  1. 執筆スケジュールを立てて、それを守る
  2. 執筆状況を把握するために記録を取る

簡単に記録を取れるようにすれば成功したも同然。
さらにスプレッドシートはブラウザの起動時に開くようにしてあるのだ。
20秒ルールといって、習慣にしたいことは20秒早く始められるようにする、辞めたいことは20秒余計に時間がかかるようにする。

これで毎日書く態勢が整った。
200記事以上書いてようやくである。

コメント

  1. 北川楓 より:

    最近書いた生産性の記事に指標が1つだとやりすぎてしまう傾向があると書いた記憶があります。
    なので文字数だけでなく、リライト数も書くのが良いのかもしれませんね。
    指標は多いほうが良いらしいですし、できた日を1とチェックするのであれば、いくらチェックリストを増やしても手間にはならない気がします。
    表の手直しは簡単なので、僕も思いつく限り項目を増やしてみることにしましょう。

  2. 匿名 より:

    文章を書く時って頭に浮かんだ文章をひたすら書き連ねるフェイズと、並べ替えたり加筆・削除・修正したりして形を整えるフェイズがあると思うんだけど、後者をやる日は執筆字数がマイナスになることがあるのでなかなか妥当な記録をつけるのが難しいね
    俺も記録付けたいと思っているんだけどそういう問題があってつけられずにいる