上達方法

上達方法

ブログ記事とWEB小説の書き方の違いや共通点など

カクヨムのジャンルに創作論・評論というものがあります。 内容は 作品の創り方たくさん書くための執筆方法売れるタイトルの付け方 などがメインです。 「小説 書き方」で検索して出てくる場所ではないので、すでに小...
上達方法

文章が書けない人へ【王道の3つの型】

文章を書くという行為は難しい事なので、「スラスラ書ける」という人は少ないでしょう。 どこから手を付けて、書き終わりがどうなるのか、全くイメージできない。という人が一般的どころか当たり前です。 実は文章の形式は決...
上達方法

練習の成果が出ないのは、単純にたくさん練習してきたからという話。【習熟曲線】

練習の成果が出ないと言えば、練習方法やメンタル的なものと思われますが、実は関係ありません。 関係がないと言うのは言いすぎに聞こえるかもしれませんが、「スランプ」に悩むレベルの人には関係ないという話です。 始めたばかりの人が「最...
上達方法

練習には大きく分けて3つのレベルがあり、プレイヤーのレベルは練習方法で決まる。

何かを効率的にできるようにするために、繰り返し習うことを練習と呼びます。 よほど硬派な人以外は次のように考えるでしょう。 「どうせ練習するならば、効率的に練習をしたい」 残念ながら、世の中には楽な練習方法は存在し...
モチベーション

自己肯定感を高めるには、価値があると思えることを練習して自信を付けるのが良い。

まず自己肯定感の意味から。 自己肯定感(じここうていかん)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉であり、自尊心(英語: self-esteem)、自己存在感、自己...
上達方法

考えすぎを防ぐ方法、考えすぎると新しい事を覚えられなくなるし行動力もなくなる

僕が幼稚園児だった頃の記憶の1つに、誰かに「一緒に遊ぼう」と言って「嫌だ」と言われた瞬間、相手に飛びかかっていたというものがある。 子供は衝動的だ。 自分の子供時代を振り返ってみれば、ほとんどの人が野生動物のように元気だ...
上達方法

人には大きく分けて2種類の考え方がある【マインドセットの意味】

新しいことに挑戦できない、もしくは挑戦しても全然上達しない、可能性を発揮できないという人は硬直マインドセットが原因です。 少なくとも動き出せない原因の大部分を占めていることは確実でしょう。 マインドセットというの...
上達方法

最近こうやって本を読んでいる。【効率の良い本の読み方とか読書のコツとか】

この間、「最近ようやく本を読み方がわかってきた」というツイートをしたら、記事を書いて欲しいと言われていたのですが、やっと書くことができました。 慣れ親しんだことでも実際にプロセスをまとめるとなると、難しいものです。 自分の経験だ...
上達方法

努力や練習を辞めたくなる方法を抑えるテクニック

新しく何かを始めたり、努力のいることを続けたりするというのは辛い。 あなたももう少し「自分にもっとエネルギーや意志力があればいいな」とは思わないだろうか? 村上春樹も自伝に「集中力の次に必要なのは持続力だ」と言っている。 ...
上達方法

フランクリンの文章力を付ける独学法と、頭打ちの状態から抜け出すテクニック

ベンジャミン・フランクリンの文章独学法を紹介したいと思う。 米100ドルに描かれている人で、日本でいうと福沢諭吉みたいなポジション。(お札に描かれるって凄い) かなり多彩な人だったという話だ。 フランクリンが文章力を伸...
上達方法

ブログの文体は「です・ます」と「だ・である」どちらが良いのか?

初めて文章を書こうと思った時、まず最初に疑問に思うことが 「です・ます調(敬体)」 「だ・である調(常体)」 どちらを使えばいいのか?だろう。 僕もブログを書いた時、文体はどちらを使えばいいのか迷った。 ...
上達方法

文章をたくさん書く方法と執筆記録の付け方

僕は文章が書けない、上手下手ではなく単純に全然量が書けないのだ。 そこで、先日できる研究者の論文生産術 How to Write a Lotという文章術の翻訳書を呼んでみたのだが、その本に乗っていた量を書く方法がとても優れていた。 ...
スポンサーリンク