上達方法

モチベーション

自己肯定感を高めるには、価値があると思えることを練習して自信を付けるのが良い。

まず自己肯定感の意味から。 自己肯定感(じここうていかん)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉であり、自尊心(英語: self-esteem)、自己存在感、自己...
上達方法

考えすぎを防ぐ方法、考えすぎると新しい事を覚えられなくなるし行動力もなくなる

僕が幼稚園児だった頃の記憶の1つに、誰かに「一緒に遊ぼう」と言って「嫌だ」と言われた瞬間、相手に飛びかかっていたというものがある。 子供は衝動的だ。 自分の子供時代を振り返ってみれば、ほとんどの人が野生動物のように元気だ...
上達方法

人には大きく分けて2種類の考え方がある【マインドセットの意味】

新しいことに挑戦できない、もしくは挑戦しても全然上達しない、可能性を発揮できないという人は硬直マインドセットが原因です。 少なくとも動き出せない原因の大部分を占めていることは確実でしょう。 マインドセットというの...
上達方法

最近こうやって本を読んでいる。【効率の良い本の読み方とか読書のコツとか】

この間、「最近ようやく本を読み方がわかってきた」というツイートをしたら、記事を書いて欲しいと言われていたのですが、やっと書くことができました。 慣れ親しんだことでも実際にプロセスをまとめるとなると、難しいものです。 自分の経験だ...
上達方法

努力や練習を辞めたくなる方法を抑えるテクニック

新しく何かを始めたり、努力のいることを続けたりするというのは辛い。 あなたももう少し「自分にもっとエネルギーや意志力があればいいな」とは思わないだろうか? 村上春樹も自伝に「集中力の次に必要なのは持続力だ」と言っている。 ...
上達方法

フランクリンの文章力を付ける独学法と、頭打ちの状態から抜け出すテクニック

ベンジャミン・フランクリンの文章独学法を紹介したいと思う。 米100ドルに描かれている人で、日本でいうと福沢諭吉みたいなポジション。(お札に描かれるって凄い) かなり多彩な人だったという話だ。 フランクリンが文章力を伸...
上達方法

ブログの文体は「です・ます」と「だ・である」どちらが良いのか?

初めて文章を書こうと思った時、まず最初に疑問に思うことが 「です・ます調(敬体)」 「だ・である調(常体)」 どちらを使えばいいのか?だろう。 僕もブログを書いた時、文体はどちらを使えばいいのか迷った。 ...
上達方法

文章をたくさん書く方法と執筆記録の付け方

僕は文章が書けない、上手下手ではなく単純に全然量が書けないのだ。 そこで、先日できる研究者の論文生産術 How to Write a Lotという文章術の翻訳書を呼んでみたのだが、その本に乗っていた量を書く方法がとても優れていた。 ...
上達方法

学習領域とパフォーマンス領域

何かを上達しようと思ってプレイしたり、練習したりするんだけど全然うまくいかない。 それは一部の人を除けば極めて当たり前で、ありふれたことなんだ。 僕は結構上達とか練習方法といった本を読むのが好きなんだけど、ブログに関してはさ...
上達方法

全然上達しない人を10年近く見てきて、原因や傾向を考えてきたんだけど結論が出たかもしれない

長年ずっと、自分が好きでやり続けているゲームなのに、全然上達しない人が結構な数いるのは何故か? 上達というのはある程度行くと頭打ちになったりするのですが、彼らは上手い下手と評価するレベルですらないのです。 ...
上達方法

自己管理が苦手なので、最近セルフモニタリングを始めてみた。

世の中にはセルフモニタリングという行動療法がある。 療法って聞くと病んでいる人がやるもののように思えるんだけど、実際は練習方法の1つ。 もっとカジュアルなものだ。 レコーディングダイエットという食事を記録したら痩せ...
League of Legends

LOLで勝てるようになるには?という話をプレイしたことない人にしたらウケがよかった

先日LOLを全くプレイしたことがない知り合いに、勝つにはどういう練習というか手順を踏んでいくのか。 僕だったらこうするというか、こうしてきたみたいな話をしたらなんか妙にウケがよかったので、ここにも書いていくことにしましょう。 ...
スポンサーリンク